About

まつもと工作室


商品について

木を一つのブロックととらえその素材から何が作れるか、どう命を吹き込むことができるか日々模索しハンドメイドで製品を制作しています

それぞれの用途、かたち、使用する場面などこれらのことを日々考えながら独自の視点、製法、加工技術を用い、木の風合いを生かし、時には工業製品のように端正なものづくりをおこないまつもと工作室の製品は完成します

手に取って、肌で感じて頂ければその意味をご理解頂けると考えております


こだわりの  仕上げ

手に触れるもの、口をつけるもの、鑑賞するもの様々なものを作るうえで重要なことは木の肌とフチの取り方だと考え、商品をテーブルに置き、手に取るこれらの動作を行う上で感じることをどうよりよく感じてもらえるのか

例えば木の匙(スプーン)口に入れる部分のフチは2mmもありませんがこのフチを妥協したらいい口あたりにはなりません  そして掬うところの厚み、この厚みを真ん中から先端ににかけて徐々に薄くし口に入れて抜く際、「スッ」っと抜けてくれるように  フォルムは斜めからみた時にどう美しくみせられるか

お使いいただく方がどう感じてもらうか、豊かな気持ちになってもらえるか、仕上げ一つの“こだわり“を大切にしています


製品になるまで


Instagram

instagram @matsumotokss