お取り扱い

取り扱いについて

お湯や洗剤で普通に洗うことができますが、たわしや粗いスポンジ、磨き粉などを使うと傷がついてしまいます。

色素の強いカレー粉や梅干しなどを入れたままにすると色移りすることがありますのでご注意ください。

電子レンジや食器洗い乾燥機は、変形や割れの原因になったり燃えてまったりすることもありますので使用できません。

—————————————

三種類の塗装

食器の場合商品別に三種類の塗装方法を行っています。

商品ごとに塗装方法が変わりますのでご確認のうえお取り扱い方法(メンテナンス)をご覧ください。

オイルフィニッシュ

製品にはオイル(食用のクルミ ひまわり)をたっぷりと二度塗り重ねて仕上げています。塗装方法の中でも一番自然な仕上がりになります。

使用していくとオイルがはがれてパサパサしてくることがありますが気にせず使い、一月に一度程度市販のオイルを刷り込むように塗ってください。(おすすめはひまわり油)

使い始めの器はまだ表面がやわらかくシミになりやすいため最初の一か月は乾きもので使っていただき徐々に汁気のあるものに移行していくことをお勧めします。(木は日が経つにつれ表面が固くなってきます)

そのようにご利用、メンテナンスして頂くと木の味わいがどんどん深まるものになっていきます。


 
 

食器用ポリウレタン仕上げ

いくつかの工程にわけ塗料を6回塗り重ね仕上げています。三つの塗装の中で一番強度があり耐久性に優れた塗装方法になります。

使い始めは塗料の匂いが残ってしまう場合があります。特に気になる場合には40℃ほどのぬるま湯につけます。その作業を繰り返してからお使いください。

長くご愛用いただく間に塗料が薄くなる、食品による変色が気になる場合は塗装のお直しができます。


 
 
 

     木固めエースとオイルフィニッシュ

浸透性の塗料を染み込ませ木の強化を行いその後やすりで表面を少し削りオイルフィニッシュを施します

やわらかい木などにこの手法を使います。

オイルフィニッシのように自然な仕上がりになってます。

メンテナンスもオイルフィニッシュと同様にしていただくと味わいがどんどん深まるものになっていきます。


 
 

 

 
 

-Instagram-

instagram @matsumotokss